キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

舌べろの位置

死ぬほど歯医者がニガテだ、というオハナシ。
ちなみに「歯医者がニガテ」が原因で死んだという話は、
まだ聞いたことがない。

ガムを噛んだらツメモノがとれたので、
5年か10年ぶりぐらいに歯医者に行った。

ふだん意識していないことでも、
意識した瞬間にどうしていいかわからなくなることってある。

たとえば、
狭い路地で向こうからオマワリセンセイが歩いてきたとき、
やましいところがなくても
「ふつうの歩き方ってどんなんだったっけ?」と考え出す、とか。

たとえば、
それまでなんともおもってなかったチャンネーが、
自分に気があるとわかった瞬間に
気になってしようがなくなっちゃう、とか。

たとえば、
夏場、クソババアといっていいジャンルの貴婦人が
胸元がすげえ開いた服を着ているのに出くわすと、
ぜったいに興味がないはずなのに、なぜか目が行っちゃう、とか。

。。。

歯医者で考え出すと止まらないのが、舌べろの位置。
治療しているとき、
「ふだん、舌べろってどこに置いてるっけ?」
と頭によぎった瞬間、
もう、舌べろのこと以外考えられなくなる。

舌べろの先は下あごから付けてたっけ? 離してたっけ?
などと。

「ふだん」を求めて、いろいろ位置を試してみたいのだけれども、
丸腰で横たわっているオレに対して、
敵さんは覆面をしているうえに、ドリルやら小型掃除機やら噴霧器やら、武器を携えてんじゃんか。

身動きしたら、やられる。たぶん。確実に。