ビアぼっち練、行ってよかった。
というネタ一切なしポエム。


。。。



そもそも。
いちばん最初に「ビアぼっち」が遡上にのったとき。

幹事さんが日程調整しようってしなすって。
おれは「いつでもイキマスッ」をチョイスした。

実際に日程が決まり。
ロンのモチで行く気マンマンだった。

でも、一身上の都合的に、
「どうも、ビアどころじゃねえ」
って感じになった。

ので、辞退した。

んだが、
「どうも、ビアどころじゃなくねえ」
って感じになって急きょ、混ぜてもらうことにした。

ナイス・受け入れ態勢!



そんなこんなで。
馳せ参じた。

「きょうこそは、ヒトサマにご迷惑かけまい」
って、甘決意をともなって。



で、ケツロン的には。
ウタゲっていやあ記憶をなくす。
って前例に、したがわず。

最後まで、わりとハッキリクッキリしてた。



なんかきょうは、いつもと調子が違った。

わりと精神的に追いつめられた感じに勝手になってたサッコン。
ウタゲに参加することによって
「じぶんへの救い」的なものを求めていった。

何だその重さ。
って感じだ。

ちょっとまあ大げさかもしんないが
大筋、そんなとこ。

そんな、おれのおれによるおれ救済策的にも
十二分な効果を挙げた。

何だ効果って?



幹事さんにおれのこの荒ぶる的なスーパー感謝の気持ちを伝えたかったのに。
どういうわけか、伝える機会を逃してしまった。

今度またサシで飲んだときにでも伝えようとおもうが
たぶん、幹事さんはそのテのやつ。
クールにスルーするんだぜ。

おもいましたとさ。

とりあえず、ムスメっこも大よろこびだ。
image



場には、ちょっと遅れて到着した。

みなさん、ウエルカムって感じで迎え入れてくだすった。
ジツはこの時点でもう、泣きそうになってた。
一滴も呑んでねえうちから、ウタゲの場で泣き上戸。

なんでかはよくわからない。

あ、まとまりがつかねえ、このエントリー。



あるひとは、遅えよキクチといい。
あるひとは、よく来れたねやったねといい。
あるひとは、きょうもおめえをつぶすつぶしてやるといい。
あるひとは、ナカムラシュンスケに似てますねって、いう。

20人ぐらいが場にいて。
みなさんノーテンキなていだが。

実際にノーテンキなひとはいなかった。
みなさん何かしら、抱えて生きてる。

それが何だかは知らんし、キョーミもねえが。

たとえば。
何しろほとんどのひとは。
場に来る前に、皇居を走ったりなんかもしてる。
じゃん。とか。

よくわかんないケド、なんだかすげえホッとした。



「すげえ脚が速いひとたち」のトークの輪ができてる。
ガチバカだてらに、バカなフリして混ざってみた。

ガチバカがバカなフリするのは。
「平泉成が平泉成のモノマネをする」
とはわけが違う。

「バカ→バカ」はレンジが、狭え。

ガチバカだてらにバカなフリして
「あとキロ10秒を縮めるにはどうしたらいいんだろう」
って独りごちてみた。

「おめえ、ちゃんと真摯に走れや!」
「めざしてんなら、キョリとかいろいろ足んねえ!」
「『調子C』って、意味がわかんねえぞやめれ!」
「死ぬ気でビルドアップやりましょやりましょ」

すげえ脚が速いひとたちは
キビシー現実を、やさしーく教えてくれた。
そうだよねえとおもった。
おもいましたとさ。

ジョバンヌからそのテのハナシに混じるのは、はじめてだ。
なんかおれ、テンパってるんだろう。

脚が速くなりてえって
気持ちだけはジョリジョリある
が、さあさあどうするキクちゃん
って感じだ。



場にいた美女ガーどもは
世辞ぬきでひとり残らずガチ美女すぎておのののいた。

「てめえジョーダマじゃねえかコノヤローございます」
ってしゃあしゃあと言えるようになったじぶんを。

ハタチぐらいのじぶんが見たら、どうおもうんだろうな。
おもいましたとさ。



おなまえを取り沙汰してメーワクセンバンコースといえば。

今回、いけるかいけないかいこっかなあ
ってときにおれの背中を押したのは。

エントリーリストにF-runさんがいたからだ。

改名後のおなまえが覚えられないので、旧名で押し通す。



とある村にはいくつか黄金世代が、ある。

代表的なのは
ムキムキ世代とたかしさん世代だろう。

むかし野球をみてて
「3番ゴジラ松井4番清原5番高橋由伸」
にムネがコフコフした。

みたいな、超絶オールスターきらびやかメンバー。

そういう意味では、F-run世代はちと薄い。
F-runさんとおれしかいねえじゃねえか。

F-runさんは「ヨシノブ」だからいいとしても。
つづくおれはただの「クソほどもてない」だ。
世代でまとめられることすら、おこがますい。

貴族と小市民って感じだ。

「いや、ハロさんもいるし」
帰りの電車で気づいたって
後の祭り的なことは措いても。

F-runさん、ハロさん、おれさまちゃんなら
貴族2小市民1でグッとグレードアップするが。

求厶、1974。



で、たぶん。
F-runさんとゆっくりオハナシしたのは初めてだ。
お会いしてもいつもなぜか挨拶程度だった。
こんなクソムシを相手にしてもらえて、うれすい。

次はもっとゆっくりオハナシさせてもらえるとおもう。

あと、マラソンがらみの群れなのに
お会いするのは盛り場ばかりで
お互いにぬぐい去れないクエスチョンマーク。

「こいつはエアジョガーなんじゃね?」



エアといえば。
根強いフジヤマけんいち説。
敬称略。

幹事さんがキンコーズでいい紙でプリントしてきた
けんいちさんの自画像イラストオブ全裸。

誰かが悪ふざけして毛を書き足したら
フジヤマもじゃおの体毛がいくぶん濃くなった。
のをおれは見のがさなかった。

「超人予言書のロビンマスクの記述を燃やしたら、ロビンマスクが消滅しちゃった」
ぐらい。

キン肉マン、な。



ネタ一切なしポエム???



そういうわけで。
とある村では前代未聞の
「キクチの記憶、バッチリチリバツありまーす」なウタゲ。

走ることとか、生きることとかに
前代未聞に前を向く気持ちをもらった。

迷ったけど行ってよかった。
楽しかったのはロンのモチとしても
うれしすぎて、地元駅からの帰り道で本気で号泣してたのはナイショだ。

狛江が超絶大都市すぎて
夜道にひとっこひとりいなくてホントよかったね。
よかったよ。

「なーにが『ぼっち』だよ」
ツーレツにおもいましたとさ。


いつもありがとうございます。
INポイントが少ねえのは、仕様だ!
(↓)でもでも、よろしければポチッと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

広告



関連コンテンツ(画像あり)